日本が抱えるさまざまな問題を勉強する!




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

そもそも環境問題は誰が言い出したのか。

済夫
引き続き田中宇さんのメルマガによると、環境問題が言われだしたのは、1990年代のはじめごろ、ブレアとクリントンが積極的にいいだしたのだそうだ。そして、その奥の狙いは途上国の発展を抑えようとしたのだそうだ。

経子
なるほどね、途上国の「先進国は環境破壊して発展してきたくせに何言うか」という言い分は、自分たちが発展するための言い訳だけではなく、そういった側面もあったのだね。
■つづきを読む■
スポンサーサイト
【2005/09/11 16:05】 温暖化 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

理論は

済夫
いま、日本人の多くが信じている温暖化の理論は本当に正しいのかな。
アメリカの言うように、関連性はないというのも、馬鹿にするほどの
言い分ではないような気がしてきてね。

経子
そうね、喧嘩の成敗でも両方の言い分を聞くのは、基本中の基本だわ!

田中宇さんが反対の理論を紹介してくれているのだけど、英語のページなので今ひとつだわ。

翻訳ソフトでやってみたけど、今ひとちな感じね
■つづきを読む■
【2005/09/05 07:39】 温暖化 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

温暖化特集--毎日新聞

mainichi.jpg

済夫
今日の毎日新聞は、派手に温暖化特集をしていたね。
温暖化の表紙に包まれて迫ってきた。

経子
まずは、一通り現状を説明しているという印象を受けたわ。

日本の産業界はかなりまじめに取り組んでいる、1990年比でわずか0.3%増にとどまっているわ。

運輸、オフィス、家庭部門はまだだわね。

国のトータルとしては90年比8.3%増になってしまっているもの。
■つづきを読む■
【2005/08/18 23:14】 温暖化 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。